注意したい疾患「インフルエンザ脳症」

小児疾患についての話題です。

小児が突然意識障害を起こしたり、痙攣をしたりする疾患に脳炎や脳症があります。
インフルエンザに感染した後にかかることも多く、インフルエンザ脳症は、毎年数百人の小児が発病し、死亡率は50%、後遺症が残ってしまう確率も25%にのぼるなど、大変怖い疾患です。

インフルエンザにかかってから、2日以内に発症することが多く、ぐったりしてウトウトしている、呼びかけにも応じない、変な事を口走る、などの意識障害が起こり、痙攣を伴う場合もあります。熱性けいれんや高熱時のうわごとなどとの区別が付けにくいんですが、症状の重さや持続時間などで区別されています。
改善しても、知能や運動機能に障害が残ってしまうことがあり、恐ろしい疾患ですが、現在の段階では根本的な治療方法はない、というのが実情です。

100人を越える発症は日本にしか見られないことから、要因は何であるのか追求されていますが、解熱剤が関係性しているためは?とも考えられています。
日本では熱を下げる時に、ボルタレンやポンタ−ルなど、解熱剤としては強すぎて他の国では使用されていない薬を使っていました。
現在では、原則としてアセトアミノフェンという薬以外は解熱剤としては使用しないことになっています。
解熱剤をもらった時は、必ず薬の名前をチェックして使うようにして下さい。
そして、大人や上の小児の解熱剤を自分の判断で使うことも避けましょう。

インフルエンザ脳症を防止するためには、こうした薬のチェック、そして、インフルエンザの予防接種が大事です。
大事な小児の命を守ってあげてください。