小児のりんご病

小児疾患についての話題です。

りんご病は、ヒトパルボウイルスB19というウイルスの感染による疾患で、個人差はありますが、ほっぺがりんごのように赤くなるのでりんご病いう名前が付きました。
初夏から秋にかけて、5才〜9才の小児がかかりやすい疾患ですが、大人になってからでもかかるケースもあります。

潜伏期間は約1週間です。その後、軽い発熱や倦怠感、筋肉痛などが起こる場合があります。風邪かな?と感じることが多く、この時点ではりんご病とは気づかないんですが、実はこの時期が感染力が一番強い時期なんです。

その後、両頬にりんごのように赤い発疹が出てきます。発疹は腕や足にも出始めて、レース状や網目状になります。その後、1、2週間で発疹は治まってきます。

発疹にかゆみを伴うことがあり、かゆみが強い時はかゆみ止めの薬を使いますが、それ以外に特に治療方法はありません。安静にする必須もなく、日頃通りの生活で大丈夫です。
発疹が出て、りんご病だと分かった時には、既に感染力はなくなっているため、園や学校なども休む必須はありません。

特に心配する必須のない疾患だと思われるりんご病ですが、妊婦さんには注意が必須です。ヒトパルボウイルスB19というウイルスは、赤血球を作る細胞を壊す働きがあるんです。妊婦さんがかかってしまうと、胎児の赤血球が壊されて、胎児水腫や流産、死産の要因になるケースもあります。

ですが成人では、60〜70%の人が抗体を持っているといわれています。症状はなくても知らないうちに免疫ができているという人も多いというわけです。ですからそれほど心配する必須はないと思いますが、自分が抗体を持っているか、はっきり分からない状態で、上の子がりんご病にかかったり、りんご病にかかっている小児と接触したりした場合は、産婦人科で相談するようにしてください。