小児に多い目の疾患「結膜炎」

小児疾患についての話題です。

小児の目の疾患で最も多いのが「結膜炎」です。
結膜炎は、目とまぶたの裏にある、目を守る役目をする結膜に、ウィルスや細菌が感染して炎症を起こす疾患で、アレルギー性結膜炎と、ウィルスや細菌感染による結膜炎とに分けられます。

最も多いのが細菌による結膜炎で、小児では、インフルエンザ菌や肺炎球菌などが要因で起こることが多いです。
症状は、白目が赤くなったり、目やにや涙が多くなったりして、結膜がむくんだように見えるようになります。目の様子がおかしいな、と思ったならば、直ぐに眼科を受診して下さい。

ウィルスによる結膜炎には、アデノウィルスが要因になっている流行性結膜炎や、エンテロウィルスが要因になっている急性出血性結膜炎などがあります。

流行性結膜炎は、「はやり目」とも呼ばれるもので、感染力が大変強い疾患です。流行性結膜炎と診断された場合は、園や学校を休ませる必須があります。大人も感染することがあるので、家族全員がかかってしまう場合もあります。赤ちゃんがかかると、まぶたに膜が張ってしまうほど、重症の結膜炎になってしまいますので注意が必須です。

症状としては、目やにや涙が多く出るようになり、まぶたの裏にできる小水疱のために目を動かしたときに、ゴロゴロした違和感を覚えるのが特徴的です。
患者さんの目やにや鼻水、便などからも感染するので、目やにを拭いたティッシュペーパーなどは直ぐに捨てるようにして、タオルや枕カバーなどはしっかりと消毒して予防して下さい。