小児疾患とクループ症候群

小児疾患についての話題です。

冬に多い小児の疾患に、「クループ症候群」という疾患があります。
別名「急性喉頭炎」とも呼ばれ、 喉の奥の声帯のある部分が炎症を起こして腫れ、空気の通り道を塞いでしまう疾患で、ウィルス性のものは生後6ヶ月〜3才くらいの小児に多く、細菌性のものは、3才〜6才くらいに小児に多い傾向があります。ウィルス性のものの方が、軽症で済むケースが多いようです。

初めは通常の風邪のような症状です。発熱や咳、鼻水などが2、3日続いた後、犬がほえるような「バウバウ」という咳が出るようになり、声が枯れてきます。
ひどくなってくると、首の下や胸がへこんでしまうほど、苦しい呼吸困難な状態になってしまいます。特に夜に悪くなる傾向があるので、クループ症候群に感染している時は、夜間でも直ぐに病院に行けるように注意しておきましょう。
窒息してしまうこともあるので、様子がおかしいな、と思ったならば直ぐに受診するようにしてください。

普通では、4日から1週間程度で改善するのです。
お家でのケアは、普通の風邪の時と同じです。咳が多い疾患なので、水分をしっかり与え、加湿器などを使って喉の負荷を少なくしてあげましょう。
刺激の強い食べ物は咳を誘発してしまうので避けた方がよいでしょう。
冷たい食べ物や、空気もよくありません。喉に刺激を与えないように注意してあげましょう。
そして、大泣きすると、喉の安静を保つことができずに症状が悪化しまうかもしれないのですので、できる限り安静を保つことができるように気を付けてください。