小児の病院について

小児疾患についての話題です。

小児が疾患になった時には病院に連れて行く必須がありますが、病院は当たり前ながら、いろんな疾患の人が集まる場所です。
細菌やウィルスがうようよしている場所というわけです。
小児を病院に連れて行ったために、他の疾患に感染してしまった、という話も珍しい話ではありません。
特にインフルエンザなど、感染力の強い疾患が流行している時期には注意しなければなりません。

ですが、他の疾患の感染を恐れて病院に行かないなんてことはできないです。
病院に行く時にはできるかぎり自衛するようにして下さい。
簡単にできることには、以下のような場合があります。
・マスクをする
・お茶やあめなどを持参して、喉を潤しておく
・病院に置いてある雑誌や、ぬいぐるみなどのおもちゃには触れない
・ウェットティッシュや、濡れタオルなどを持参して、手をよく拭くようにする

病院を選ぶ時にも注意してみましょう。
・待合室やトイレ、診察室などの清掃がきちんと行き届いている
・空気清浄機を使っている
・暖房や加湿器を活用して温度や湿度が適切にされている
・インフルエンザなどの感染症だと思われる患者さんは別の診察室に受け入れている
・受付に患者用のマスクを準備している
・自由に使える給茶機が準備されている
・診察時間外に、窓を開けてきちんと換気を行っている

以上のような事柄を全て行っている病院はなかなかないと思いますが、患者さんの立場にたって、きちんと配慮されている病院を選びたいもんです。