小児疾患と小児喘息(1)

小児疾患についての話題です。

喘息とは、空気の通り道である気道が炎症を起こして、咳が出たり、息苦しくなったりしてしまう疾患です。
初めはかわいた「コンコン」という咳なんですが、悪化してくると咳が激しくなり、「ヒューヒュー」「ゼーゼー」というような、聞いているだけでも苦しくなってくるような呼吸の音がするようになります。寝ている状態では苦しいので、起坐呼吸といって、座った状態で、肩で息をするようになります。このような状態は喘息の発作です。呼吸ができなくなることもあるので、直ぐに受診する必須があります。

近頃は、喘息を起こす小児の数が増えており、2歳までに60%、6歳までに90%の確立で起こるといわれています。
男の子の方が喘息を起こしやすいようで、トータル的にみると、女の子の2倍の数になっています。喘息は、大きくなるにつれて症状は軽くなっていき、女の子は小学校の高学年で、男の子は中学2年頃に治ってくる小児が多く、中学時代には半数の小児が治ると言われています。

小児の喘息は大人のものとは病態が違い、その要因の殆どはアレルギーによるもんです。
ハウスダスト、カビ、ダニ、花粉、食べ物、動物の毛等にアレルギー反応を示している小児が多く、喘息の症状が起こった時には、血液検査をして、アレルギーの有無、どのようなものにアレルギー反応があるのかを調べる必須があります。

要因が分かったならば、それを取り除いてやることで、症状を軽くし、発作の回数を減らすことができるでしょう。ほこりやダニの要因となる絨毯を取り除いたり、ぬいぐるみや観葉植物をこまめに掃除したり、動物の毛に反応している場合は、ペットを飼うことを控えたりと、できるかぎりのことをして喘息に対処して下さい。